動物性プラセンタと植物性プラセンタのサプリメント

アンチエイジングやダイエットだけでなく、育毛や更年期障害などにも効果の高い成分として有名なのがプラセンタです。

プラセンタサプリメントを日常的に摂取している女性は多く、美容のためや、健康のためにと、重宝されています。

毎日身体に取り入れるサプリメントですから、何からできているかを知りたい人も多いでしょう。

サプリメントに配合されているプラセンタは、大きく分けると植物性由来と、動物性由来のものがあります。

プラセンタとは英語で胎盤を意味する言葉であり、動物性プラセンタはほ乳類の胎盤が原料になります。

日本では豚の胎盤が主な原材料です。

価格の高いプラセンタは馬の胎盤である場合もありますが、豚は1年に2度、複数の子供を出産するので、安定した量のプラセンタが得られます。

馬のプラセンタには豚には含まれていないアミノ酸が含まれており、より効果が高いのが特徴です。

馬は豚と比べて一生のうちに妊娠する回数が少ないことや、産む数も段違いに少ないために、豚ほどのプラセンタを確保できません。

海外で流通しているプラセンタサプリメントは、羊の胎盤を用いるものが多いようです。

安全面も馬や豚より高いと言われていますが、日本国内では羊のプラセンタは法律で禁じられています。

一方、植物性のプラセンタは、植物の胎座という部位を原材料にしているものです。

多くの植物性プラセンタサプリメントは、アロエやとうもろこしから製造されています。

植物性プラセンタと、動物性プラセンタを比較した場合、成分の効果は動物性のプラセンタが高いですが、伝染病にかかりにくい分、植物由来のほうが安心して利用できます。